仏師体験
 仏師との出会い


大佛師
松本 明慶(まつもと みょうけい)


100年に1人の天才といわれ、京仏師「慶派」の流れを組む1人であり、伝統産業の志を常に持ち続け人に伝えています。現在、大原野の工房に40名近い門下生を従え、宗派を問わず国宝といわれる仏像の修復や新たな仏像の制作にあたっています。

プロフィール
 
1945年 京都市に生まれる
1964年 京仏師・野崎宗慶師に入門
1979年 朝日新聞社、京都朝日会館画廊にて個展を開催
※以後、東京、三越本店、熊本八木百貨店、西武百貨店等でも個展を開催。京都伝統仏像彫刻会館で京都市長賞、京都府知事賞など受賞。
1991年 「大佛師」号拝命。現在、京都仏像彫刻家協会会長。



真剣に仕事に打ち込む明慶氏。愛弟子にアドバイスする眼差しは、師匠らしい風格と温かい思いやりに満ち溢れています。





子安観音菩薩半跏像(右図)
無垢の仏性をたたえた童子と慈しみに満ちた観音様のお姿。佛心を全身であらわす子たちと、その子たちを優しく包み込む観音菩薩のお姿は、明慶氏が好んで造像するテーマです。なんとも愛らしい童子の後姿は、拝するこちらも童子の一人となって観音様の衣すそに抱かれたような、あたたかな優しさを覚えます。

KOYASU-KANNON-BOSATSU




木材を彫る姿は真剣そのもの
 国宝級といわれる仏像の修復作業やその技術を間近に見て、一心不乱に作業をこなす姿勢を学ぶのが目的です。また、彫るのが難しいとされる「球体」彫りに実際に挑戦します。



お弟子さん、時には大佛師自ら仏像についてお話してくれます。質問にも丁寧に答えてくれますので、見事に彫られた作品についてどんどん聞いてみましょう。




 
お弟子さんたちも作業をしている作業場で「球」を彫ります。

角材を球体に彫る
刃物を扱いますので細心の注意を払ってお弟子さんが指導してくれます。球体を彫るのはなかなか難しいので、気軽に声をかけてコツやヒントをつかみましょう。



※流れは人数、状況によって変わることがありますので、ご紹介するのは
あくまでモデルコースのひとつです。時間は全体を通して約3時間です。



彫った球の他に記念絵葉書がもらえます。短時間集中して仏師になりきった思い出にしてください。

 


松本工房(まつもとこうぼう)
 京都市西京区大原野小塩町107

▽JR「向日町駅」下車
  または
▽阪急電鉄「東向日」下車
  タクシーで約15分・1300円程度
(バスの本数が非常に少ない為、タクシーをご利用下さい。)



仏師体験
 
人員構成
・人数:1名以上 30名まで
・時間:9:00~12:00 13:00~16:00のどちらか 約3時間
 
 
 
 
注意事項
松本工房へアクセスの際は、前もって場所をよくご確認ください。
工房へのマイクロバスでの乗り入れは可能ですが、必ず前もってご連絡ください。ただし、時期や時間帯によっては不可能なこともありますので、その場合は他の交通手段をご利用ください。
 

体験学習のお申し込み、料金等は体験学習事業部までお問い合わせください。
*当WEBサイトに掲載されている写真および文章は、松本明慶氏の作品写真集「慈 ITSUKUSHIMI」から、ご本人の許可を得て掲載しています。